視力低下する原因

見づらいと感じると人間は視力が落ちたと思いますが、なぜ視力は落ちるのでしょうか?
一つは生まれつきから、近視や遠視だったりする人、もう一つは時間経過するごとに視力が落ちてしまうことが考えられています。
目が悪くなると言われる日本人ですが主に近視の目になる人が多いと言われています。
近視になる理由は残念ながら原因は分かっていません。
また遺伝から近視になってしまう説や生活習慣によるもので近視になってしまう説があったりします。
遺伝から近視になるという説が有力であり、遺伝子も見つかっています。
ではなぜ目が悪くなる人が多いのかと言うと、子供から大人になるまでの思春期の辺りでは視力低下が進みやすい時期だと言われているからです。
今の時代スマホやゲームなどの電子機器が発達しており、外で遊ぶことよりも中で遊ぶことが増えてきました。
つまり一番目が悪くなってしまう時期に目が悪くなる原因を持つものを長時間やっていれば目が悪くなりやすくなるということです。
目が悪くならないようにするには目を使いすぎないことと目の疲れを十分に取ることだと考えられています。
しかし近視の程度が深刻化しているのであれば予防や回復をすることは非常に難しいと思われます。
レーシック手術をしたりして視力を回復させる方法をする必要があるかも知れません。
レーシックは角膜をレーザーで削り視力を回復させる方法です。
なぜ角膜を削ると視力が回復するのかと言うと角膜を削ることにより光の入り方が変わる為です。
前にもお話したように光の焦点があってないと目が悪くなると感じるためそれを調整してあげることができれば視力は回復することができるのです。
視力回復を手術をすることでできるような時代になりましたが、やはりまだ安定をしていないのも一つですので慎重に考えてから行ってください。

 

レーシック